2007年1月29日 (月)

『映画「バベル」で菊地凛子が大胆に脱いでいる!』

ずっと送られてくる迷惑メール。。。
最近ソレが気になって、思うつぼな管理人Barです☆
しかもこの迷惑メール、ストップさせようと、
それ用のストップ画面に行くと、なぜかlivedoorの登録画面に・・・(lll-ω-)
登録しちゃダメじゃん!!クソォ・・・

R1 R2 R3










【掲載記事】

ヘアまで公開していたとは――。今やハリウッドで最も有名な日本人女優、菊地凛子(26)の大胆演技が話題になっている。

 菊地はブラッド・ピット主演の映画「バベル」でハリウッドデビュー。聾唖(ろうあ)の女子高生を演じて世界中の注目を集めているシンデレラガールだ。

 この映画での熱演が認められ、日本人女優として35年ぶりにゴールデングローブ賞にノミネートされたほか、米映画批評会議賞新人女優賞などを受賞。“本命”のアカデミー賞でも助演女優賞にノミネートされ、受賞への期待が高まっている。

 今週、ようやく日本でも「バベル」の完成披露試写が行われた。映画関係者が興奮気味に語る。

「菊地がノーパンの超ミニスカートで男を挑発するシーンは生唾モノです。彼女が男に見せつけるようにゆっくりと脚を広げると、黒々とした長めのヘア があらわになる。『氷の微笑』以来の衝撃映像ですよ。これがモザイクなしでスクリーンに大写しになるんですから、ド肝を抜かれました。一糸まとわぬ姿に なって刑事を誘惑するシーンもあります。スレンダー体形のわりにバストは豊か。刑事にもみしだかれて、柔らかそうに揺れていました」

 当の菊地はヌードシーンについて「たいしたことではない」と語っている。肝が据わった女優のようだ。

「バベル」の日本公開は今年のゴールデンウイーク。楽しみだ。

【2007年1月25日掲載】


http://news.livedoor.com/article/detail/3000401/

| | コメント (13)

2007年1月 9日 (火)

『ハリーポッターと不死鳥の騎士団』

『ハリーポッターと不死鳥の騎士団』

http://harrypotter.warnerbros.co.jp/site/index.html

| | コメント (0)

2006年11月 5日 (日)

『パイレーツ・オブ・カリビアン デッドマンズ・チェスト』

58707437_8 90568708_90






90568708_177

 


ジョニー・デップ主演

『パイレーツ・オブ・カリビアン/デッドマンズ・チェスト』

2006年夏に公開!!

ジョニー・デップは、いい男役だけでなく、
むしろ、少し欠点のある役に取り組む俳優さんだから
とても好きです(・ε<)Ь

今回も、ちょっとマヌケなジャック・スパロウ役 ☆
シリーズ物は続けてみるからこそ面白い!

♡♥『パイレーツ・オブ・カリビアン/デッドマンズ・チェスト』の予告♡♥
http://www.disney.co.jp/pirates/

◆。+。◆。+。◆。+。◆。+。◆。+。◆。+。◆。+。◆

90568708_231




『パイレーツ・オブ・カリビアン デッドマンズ・チェスト』

+・*。+・*。+ジョニー・デップ★単独インタビュー+・*。+・*。+
               56k | 300k | 1M (約2分46秒)

    

http://movies.yahoo.co.jp/interview/200607/interview_20060717001.html

 ジョニー・デップが、自由奔放な海賊ジャック・スパロウにふんする
『パイレーツ・オブ・カリビアン/デッドマンズ・チェスト』がついに
7月22日より公開される。
 この愛すべきキャラクターを心から楽しんで演じているジョニーが、
プロモーションのため来日した。右手に娘に作ってもらったという
ビーズのアクセサリーをつけて、にこやかに登場したジョニー。
「かわいくて仕方がない!」という子供達と、最愛の女性に囲まれて
幸せな生活を送っている。
 そんなジョニー・デップが「ジョニー・デップ流の生き方」を語る。

■金歯は娘のお気に入り
■僕が海賊だと思ってる!
■不思議ファッションは、1920年代がお手本!
■いろいろな意味で自由人でありたい

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2006年11月 3日 (金)

『BABEL』

Photo
製作費100億円の米大作映画『Babel』

主演★ブラッド・ピット
   ケイト・ブランシェット
   ガエル・ガルシア・ベルナル
   役所広司
   菊地 凛子

★ストーリー★
主は降って来て、人の子たちが建てた塔のあるこの町を見て、言われた。
『彼らの言葉を乱し、互いに言葉が通じないようにしよう。』
主は彼らをそこから全地に散らされたので、彼らはこの町の建設をやめた。
これによって、その町の名はバベルと呼ばれた。
(旧約聖書創世記11章)


 「アモーレス・ペロス」で衝撃の世界デビューを果たし、「21グラム」で命の重さを実感させた、鬼才アレハンドロ・ゴンザレス・イニャリトゥ監督。
 彼が次にモチーフとして選ぶのは、人間の愚かさの象徴である「バベルの塔」。
 舞台となるのはアメリカ、メキシコ、モロッコ、そして日本。世界4ヶ国で偶発的に起こる事件が、密接に絡み合いながら一つの未来に向かって加速する、壮大なスケールで描かれるヒューマン・ドラマである。
 脚本にはイニャリトゥの長年の相棒であり、「Three Burials of Melquiades Estrada」で本年度カンヌ映画祭脚本賞を受賞したギジェルモ・アリアガ。そしてブラッド・ピットを始め、「彼の映画なら!」と集まった豪華キャスト 陣に、一切の妥協は無い。人類はいつまでバベルの塔を作り続けていくのか。バラバラにされた言葉たちが、再び一つになる時は来るのか。その答えはイニャリ トゥが知っている。

◆。+。◆。+。◆。+。◆。+。◆。+。◆。+。◆。+。◆。+。◆

2005年9月の記事に、
”10月から1ヶ月間『BABEL』という映画の撮影で、日本に滞在するそうです。”
とありました☆いたんだぁ~!!ブラピ~!!!

2006年/アメリカ/全米配給:パラマウント・ピクチャーズ
2007年 全国東宝洋画系拡大ロードショー



★『Babel』予告★  
http://www.apple.com/trailers/paramount_vantage/babel/trailer1/
★『Babel』画像★ 
http://www.imdb.com/title/tt0449467/
★菊地 凛子HP★
http://www.anore.co.jp/rinko/

| | コメント (0)

『バイオハザード3(Resident Evil Extinction)』

1
『Resident Evil Extinction』
バイオハザード3

★キャスト★
 【メイン】
 Milla Jovovich [Alice]
 Sienna Guillory [Jill Valentine]
 Oded Fehr [Carlos Oliveira]
 Ali Larter [Claire Redfield]
 Iain Glen [Dr. Sam Isaacs]
 Chris Egan [Mikey]
 Ashanti Douglas [Nurse Betty]
 Mike Epps [L.J.]
 Jamie Patrick [Millar Evan]
 Spencer Locke [Kmart Girl]
 William Abadie [Envoy]
 Ramón Franco [Runt]
 Geoff Meed [Pockmark]
 John Eric Bentley [Umbrella Executive]
 Shane Woodson [Piggy]

 【サブ】
 James Tumminia [Lab Technician]
 Connor McCoy [Small Boy]
 Rick Cramer [Ice Hockey Undead]
 Gary Hudson [Umbrella Captain]
 Sandrine Holt [Terri Morales (Flashbacks)]
 Valorie Hubbard [Woman]
 Kirk B.R. Woller [Scientist]

 【未定】
 Linden Ashby [Albert Wesker] Rumored
 Sophie Vavasseur [Angela Ashford] Unknown
 Charlie Clausen [Chris Redfield] Rumored
 Sarah Michelle Gellar [Cindy Lennox] In Talks
 Debra Marshall [Unknown] Rumored

 アウトブレイク登場キャラ:シンディー・レノックス役が、
デブラ・マーシャルからサラ・ミシェル・ゲラーに交代という
噂も。。。

また予告がUPされたらUPします☆

20079月21日 年全米公開
国内公開未定



は~い!予告みられるようになりました!!

今回は地球全滅な感じ!ゾンビもみんな砂色でした!

こんな世界でアンブレラやミラジョボはどーするんでしょうね。。。(||´Д`)


http://movies.yahoo.com/feature/residentevilextinction.html


| | コメント (0) | トラックバック (0)